- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

カーフィルム「GHOST2 NEO(ゴースト2 ネオ) オーロラ79」取扱を始めました

【ゴースト/オーロラフィルムシリーズ】ですが、好評につき取扱品目を増やしました。

【GHOST2 NEO(ゴースト2ネオ) オーロラ79】
施工例:スズキ・スペーシアカスタム

spaciaaurora79_1.jpg

spaciaaurora79_2.jpg

spaciaaurora79_3.jpg

GHOSTII AR78(GHOSTII)の後継モデル
青強め〜紫〜パール〜シャンパン発色のゴースト オーロラフィルムになります。
青色が一番でやすく、色目も安定しています。

多層反射によるIR効果・遮熱効果を目的に作られたフィルムです。
赤外線IR遮断 IRカット 95%(1000nm)
特に優れます。

【色】青紫系


【光学スペック】実測値
3mmガラスに施工
◇可視光透過率(JIS)   79%
◇可視光透過率(550nm)  84%

フィルムのみ
TM2000 計測 75%-81%
◇可視光反射率      20%
◇日射吸収率        11%
◇日射反射率       24%
◇日射透過率       65%
◇遮蔽係数         0.77
◇紫外線遮蔽率      99%
◇赤外線カット(1000nm) 95%
◇IR遮蔽率(960nm) 98.8%
◇UPF値      50+
※発売メーカー資料より抜粋

可視光線透過率70%以上あれば保安基準には適合となりますが、可視光線透過率が合法の範囲以内であっても、ディーラー等で車検に対応しないと言われるケースがあります。これはディーラー各々でカーフィルムに対する見解が違うために起こっているようです。
当店では施工終了時に可視光線測定器で可視光線透過率測定した上で【可視光線透過率測定証明書】を発行しています。但しこれは施工時の可視光線透過率です。経年劣化によって後々可視光線透過率は変わる場合があります。
また、可視光線透過率が70%以上あっても車検に通ることを保証するものではありません。
車検に関しましては、実際に通してみないと判りません。

トピックスのご紹介