- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

ホンダ・レジェンド(KC2)

茨城県稲敷郡よりお越しのT様

ホンダ・レジェンド(KC2)の施工依頼でした。


3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載したホンダのフラッグシップセダンのレジェンドですが、初代レジェンドを兄が所有していて、車内の広さやトランクの大きさに驚かされました。またFFというレイアウトのデメリットでなのか、ハンドル切れ角が少なく小回りが出来なかったのを何故か鮮明に覚えています。
インテリアも当時の高級車(クラウン、セド・グロ)は綺羅びやかな内装で、レジェンドは黒基調の地味な感じの内装と感じていましたが、今思い出すとシックで落ち着く良いインテリアだったと思います。当時二十歳過ぎの若造だった自分には理解できていなかったと思います。
オーナー様は先代レジェンドからの乗り換えでして、黒外装、茶革の内装で探していてなかなか希望に見合った車がなく、昨年の7月頃に声を掛けていただきましたが、購入したのは2019年のクリスマスの頃でした。

お車の状態ですが納車時に磨かれたと思われる磨き傷や、各部に残っているコンパウンドのカスが沢山残っていて良い状態とはいえませんでした。特に磨き傷は酷く、除去するのにかなりの時間を要しました。なるべく塗装の研磨量を減らして塗装面を整える「高度下地処理」で塗装面を仕上げます。
そしてリセットした塗装面に2層式ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工しました。
ガラスにはスケールが付き始めていたので綺麗に除去を行い、ガラス撥水加工を施工させて頂きました。

これからは、セオリーに乗っ取ったメンテナンスをして頂けば長い期間この状態を維持できると思います。

いつもリボルト茨城をご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2020年1月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工