- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

マツダ・ロードスター

茨城県水戸市よりお越しのH様

ND型ロードスターの施工依頼でした。
1989年のより連綿と販売を続けている、ライトウェイトオープンスポーツカーですね。
以前何かの本で読んだ記憶があるのですが「ロードスターは運動性を重視して、Z軸の慣性モーメントを極力減らす様に設計を行っている」書いてありました。私自身歴代のロードスターを運転するチャンスに恵まれてきましたが、回頭性能の良さは交差点を曲がるだけでも実感できる、運転していて思わず顔が綻んでしまう様なハンドリングでした。

納車後間もなくお持込み頂いたセラミックメタリックのロードスターはとても良い状態でしたが、しっかりと下地処理を行い更に艶を引き出しガラスコーティングを施工するのに最適な状態にします。
その塗装面に濃度100%、無溶剤のガラスコーティング「リボルト・プロ」を塗布していきます。このガラスコーティングは低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤ですので、定着時間短縮、艶感、防汚効果等にアドバンテージがあります。そして紫外線軽減(UVカット)機能が加わったトップコートでさらに塗装面を守ります。

その他にカーフィルム、ホイールコーティング、ガラス撥水加工全面の施工もご注文頂きました。

これからは、セオリーに乗っ取ったメンテナンスをして頂けば長い期間この状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。。

施工時期:
2018年9月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工カーフィルム