- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

スバル・WRXSTI

茨城県土浦市よりお越しのH様

スバル・WRXSTIの施工依頼でした。

スバルというメーカにおいて、WRXの名が与えられたモデルはハイパフォーマンスカーですが、1992年にデビューした初代「インプレッサ」に端を発しているのですね。
Cセグメントのコンパクトなボディーに308ps(227kW):422Nm(43.0kgm)を積んだその走りは推して知るべしだと思います。
燃費や環境性能が重視されている現代において、走りを重視した車は減ってきていますが、熱烈な“スバリスト”の為にも絶やさないで欲しい車です。

納車後間もなくお持込み頂きましたお車ですので、塗装面は良好な状態でしたが、下地処理を行い塗装面を平滑にすることにより、本来の艶を引き出してあげます。
その塗装面に濃度100%、無溶剤のガラスコーティング「リボルト・プロ」を塗布していきます。このガラスコーティングは低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤ですので、定着時間短縮、艶感、防汚効果等にアドバンテージがあります。そして紫外線軽減(UVカット)機能が加わったトップコートでさらに塗装面を守ります。

これからは、セオリーに乗っ取ったメンテナンスをして頂けば長い期間この状態を維持できると思います。
この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年3月
施工内容:
リボルト・プロ