- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

トヨタ・プリウス(50系)

茨城県稲敷郡よりお越しのA様

ハイブリットカーの先駆車「トヨタ・プリウス」の施工依頼でした。

信号待ちをしていると、対面左右全部がプリウスということも珍しくない程に売れまくった30系プリウスの後継車ですので、開発陣のプレッシャーは大変なものだったのではないでしょうか。
特定グレードにはなりますが40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能と、鋭い目つきのヘッドライトや未来的な感じがするテールライトが存在を主張してると思います。
また外装色では、30系プリウスで人気色だったソリッドブラック(202)は採用されずにアティチュードブラックマイカ(218)というブラックメタリックのみになった様ですね。

オーナー様は昨年10月に中古で購入されたようですが、以前に磨かれた事があるようでバフ傷やオーロラマークが散見できました。
その塗装面を「高度下地処理」の「リボルト・アジャスト・システム」でリセットします。
そして濃度100%・無溶剤の低分子硬化型最上級ガラスコーティング「リボルト・プロ」で塗装面を保護しました。

これからは、セオリーに乗っ取ったメンテナンスをして頂けば長い期間この状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年1月
施工内容:
リボルト・プロ