- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

ホンダ・シビックセダン

約7年振りに販売された「ホンダ・シビックセダン」の施工依頼でした。

ホンダ車党のオーナー御夫妻様とは、当店開店以来約20年お付き合いさせて頂いています。いつもありがとうございます。
その間ブレることなく、御夫妻共にホンダ車を乗り継いでいます。生粋のホンダ乗りです。
新型シビックはセダンボディは日本製造(除くTypeR)、ハッチバックボディはホンダUKによるイギリス製造(輸入車)になるんですね。知りませんでした。

納車後間もなく持ち込んで頂きましたお車ですので塗装面は概ね良い状態でしたが、製造後に貼ってある保護シートの剥がし残りがかなりありました。ホンダの保護シートは、液体状のものを塗って時間が経つと膜状に固まるものを使用しているのですが、際の部分がきれいに剥がれずに破片状に残っている場合が非常に多いです。また一見きれいに剥がれているように見えても、破片状の部分を剥がす際に強く擦っているので線傷が入っているケースが多々あります。この車も付いていました。
その様な異物やスクラッチ等は高度下地処理を行いきれいに除去します。
「リボルト」完全硬化型ではありませんが、ベースとUVトップの2層にてコーティングすることで耐久性を併せ持つことが出来ています。

その他に「カーフィルム」「窓ガラス撥水加工全面」を施工させて頂きました

これからは、セオリーに乗っ取ったメンテナンスをして頂けば長い期間この状態を維持できると思います。
いつも当店にご用命頂き誠にありがとうございます。

施工時期:
2017年12月
施工内容:
リボルト窓ガラス撥水加工カーフィルム