- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト茨城

フロントウィンドウサンシールドフィルム

フロントウインド用サンシールドフイルム

車種毎のガラス形状に合わせたナチュラルなカーブ形状
アーチ形状に仕上げてありますので、直線的にアンダーラインをカットした時のように両サイドが垂れ下がる形状にはなりません。また、一般 市販品のものとは異なります。

目にやさしいグラデーション仕上げ
アーチ形状に仕上げたグラデーションはガラス面にしっとりなじみますので、単色の商品に比べ目の疲労感が全く違います。

道路運送車両法 保安基準に基づいた車検対応品
車検対応品ですので、安心してご使用いただけます。

プロフィルム採用。1年間の品質保証付
プロ仕様のグラデーションフィルムですから紫外線や太陽熱線を大幅にカットします。また、傷つき防止のハードコートを標準装着しています。

グラデーションサンシールドに係る条項の解説

1 サンシールドの施工範囲
前面ガラスの上縁であって、車両中心線と平行な鉛直面上のガラス開口部(ウェザ・ストリップ、モール等と重なる部分及びマスキングが施されている部分を除く。)の実長の20パーセント以内の範囲。

2 サンシールドの透過率
貼り付けられ、又は塗装された状態において、透明であり※1かつ、運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲※2に係る部分における可視光線の透過率が70パーセント以上であることが確保できるもの。

※1 透明であり……実長の20パーセント以内の範囲に於いて、他の自動車、交通信号機、歩行者等が確認できるもの。
※2 運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲……実長の20パーセント以外の範囲を示す。

サンシールドの保安基準計測方法

1 計測条件
・フロントガラス外側にて計測します。
・ガラスの計測位置に対し直角に計測します。

2 測定範囲
・ガラス取り付け角度に関係なく、ガラス単体にて計測して下さい。
・ガラス開口部(ウェザ・ストリップ、モール等と異なる部分及びマスキングが施されている部分を除く。)
  において、車両中心線と平行な鉛直面上にて計測します。(図1参照)

※注意
・目の錯覚により、ガラス左右部分に平行に測定しますと、寸法に誤差が出るため、基準値が変わってきます。
  必ず車両中心線に沿って平行に測定して下さい。
・鉛直面上のどの部分に於いても実長の20パーセント以内の範囲が保安基準値となります。(図2参照)
・開口部にドットマトリックスが有る場合は、ドットマトリックスの外側を計測して下さい。(図3参照)
・また、開口部上部に網状のセラミックがある場合は左右の線を延長して計測します。(図4参照)

1476868303.jpg

鉛直面上のどの部分に於いても実長の20パーセント以内の範囲内が保安基準値となります。
※開口部にドットマトリックスが有る場合は、ドットマトリックスの外側を計測して下さい。(図2参照)また、開口部上部に網状のセラミックがある場合は左右の線を延長して計測します。(図3参照)


3 透過率
目視にて以下のものを確認できることが必要です。
・他の自動車
・歩行者等
・交通信号機

フロントウインド用サンシールドフイルム施工料金(フィルム代込):12,000円(税抜)

施工例
プリウス{30)

1476868819.jpg

タント

pc044216_600x450.jpg

1476868291.jpg

サンシールドフィルムのご紹介