ポリマー(他社)加工との違い

紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコート

紫外線軽減(UVカット)効果のあるトップコートをリリースしました

◆トップコートの新バージョンをリリースしました!!

弊社コーティングの全コースに使用されているトップコートに紫外線を軽減させる効果を付加いたしました。

紫外線は私たちの目には見えない短波長の電磁波であり、太陽より地上に多く降り注いでいます。ご存知のようにその紫外線を生物や物質が多く浴びてしまいますと、深刻な被害を受けてしまいます。

紫外線について、簡単に説明させて頂きます。
まずは、下記画像をご覧ください。紫外線はその波長の大きさにより3種類に分けられます。
1414731780_550x178.jpg
・UVA(波長320–400nm):地上に届く全紫外線の約95%を占めます。波長が長いため物質の奥まで届きます。それ自体のエネルギーは弱いのですが、時間をかけて物質の内側の劣化を引き起こしていきます。

・UVB(波長290–320nm):地上に届く全紫外線の約5%を占めます。波長が短いため物質の表面近くに影響を与えます。エネルギーはUVAよりも強く深刻なダメージを与えます。

・UVC(波長200–290nm):エネルギーは一番強く、破壊性が最も大きいです。しかし地球上空のオゾン層を突き抜ける事は出来ないため、通常は地上には到達しません。


地上に降り注ぐ紫外線はこのUVAとUVBとなり、物質へ強い影響を与えます。今回のトップコートへの紫外線カット効果は、このUVAとUVBの両者に対する軽減となります。

◆UVAへの軽減効果:波長320–400nmのUVA帯域の紫外線を可視光線緑帯域である495〜570nmへと変換する紫外線蛍光剤を含有しています。下記画像は左が従来のトップコートで、右が紫外線蛍光剤を含有している新トップコートです。紫外線ライトにてUVA波長の紫外線を照射しますと緑帯域の可視光線へと変換され光ります。変換されることで、UVA紫外線が軽減されます。
img_0080_400x415.jpg

◆UVBへの軽減効果:波長290–320nmのUVB帯域の紫外線を主に吸収し熱エネルギーに変換する紫外線吸収剤を含有しています。下記画像はこの吸収剤が吸収する帯域の波長特性を示しています。吸収するのはUVB帯域がメインの吸収ピークではありますが、実際には、UVC~UVB~UVA全帯域に渡っての吸収効果があります。

【紫外線吸収剤 波長対減衰特性】
deta_550x319.jpg

地上に降り注ぐUVAとUVBの両紫外線を軽減するガラスコーティング剤(新トップコート)を使用することで、塗装の劣化を少しでも遅らせる効果が期待出来ます。紫外線軽減効果をうたう他社製品のものはUVAもしくはUVBのどちらか一方だけというケースはありますが、UVAとUVB両方共に軽減の効果があるガラスコーティング剤は、ほとんどありません。

開発に2年の月日がかかりましたが、やっとリリースすることが出来ました。全コーティングコースにこの新トップコートを施工いたしますが、コーティング施工価格などは基本的には据え置きとなります。ご安心くださいませ。

これからも最先端のコーティング技術を目指して進んで参ります。よろしくお願いいたします。

上記内容を分かりやすくまとめた図をアップしておきます。
uv.jpg

酸化現象について

通常ポリマー(他社)加工のコーティング剤には、作業性や液剤安定のため等に必要な鉱物油や乳化剤などの酸化してしまう物質が含有されているものを使用していることがあります。そのようなコーティング剤を使用して酸素や紫外線にふれると3〜6ヶ月で酸化現象を起こします。
この酸化現象とは、例えるなら鉄が一部錆び始めるとその錆びた部分が時間と共に広がってゆくのと同じ現象です。
コーティング皮膜の一部が酸化すると酸化被膜でコーティングされた状態になり、汚れを呼び込みやすい状態を作り上げてしまいます。
「ポリマーやったけど半年がいいとこだったよ。」と多くのコーティング経験者が口をそろえたように言われるのはこの酸化現象のためです。
【ラディアスグループ】が施工する【リボルトシリーズ】で使用するコーティング剤は酸化する物質が一切含まれておりません。
珪素(ガラス)を主成分として形成されるファイバー状の被膜は、ひび割れを起こすことなく強固に塗装面を保護します。
この酸化しない皮膜は通常ポリマーではあり得なかったことです。

膜圧(皮膜の厚さ)

通常ポリマー(他社)加工の場合、膜厚を確保するのは困難です。その性質からコーティング剤の塗布回数=膜厚と判断するのは大変危険です。【リボルト・プロ】【リボルト】においては通常ポリマー(他社)加工には無い膜厚感を体験することができます。まるで漆塗りをしたような艶と輝きが膜厚を確保している証です。

蘇生効果

【リボルトグループ】においてこの蘇生効果は得意分野でもあります。
【リボルトグループ】のすべてのスタッフは厳しいテクニカルスクールを優秀な成績で修了した者ばかりです。
そのことから通常ポリマー(他社)加工では絶対になし得ない塗装面を作り上げることが可能です。
その塗装面が生きてさえいればほぼ新車、または新車以上の輝きを取り戻すことが可能です。
特殊照明効果と室内での作業がこのことを可能にします。また、プロ泣かせであるバフ傷やオーロラマークはその特殊照明下でのみ確認が可能で一般的に使われている蛍光灯などの照明設備では確認できません。【リボルトグループ】の施工後では「外に出してみたらビックリ!!」なんてことはありません。

プロ基準完成度

この基準は担当技術者がその仕上がりの完成度にどの程度納得しているかを表します。
【リボルトグループ】のスタッフは明確な基準が設定されているためにその完成度をめざします。
通常一般的にバフ傷やオーロラマークなどの有無は蛍光灯下では認識できませんが、それを承知の上で「そこまではお客は言わない(気付かない)。」と自分自身に言い聞かせ、バフ傷やオーロラマークを残さない技術をないがしろにしている実態があります。
場合によっては油分の多いコーティング剤で誤魔化すことさえあるのが現状です。
私共【リボルトグループ】では卓越した技術の持ち主の集団であり、プロとして、技術者として完成度の高い高性能をご提供いたします。