施工ギャラリー

茨城県土浦市よりお越しのK様

車名:
ランドローバー・レンジローバー
施工内容:
リボルトプロ
160110rangerover_2.jpg

こちらのオーナー様は仕事で狭い場所に入って行くことが多く側面に枝で引っ掻いたような傷が多数ついてしまい、その傷の除去を他店に依頼したが取れなかったとの事で当店に相談を頂きました。お車を拝見して私の見立てはでは除去可能でしたので、施工依頼頂きました。

レンジローバーは1970年に発表された初代から高級乗用車のラグジュアリーさと、クロスカントリー4WDのタフさを兼ね備えたマルチパーパスな車で、その思想は現代でもしっかりと受け継がれていますね。900mmという最大渡河水深を見ても走破性能の高さを垣間見ることが出来ます。
また、レンジローバーはエクステリア、インテリアをセミオーダーできるシステムになっているので、オーナー様は約1年という待時間とかなりのExtraChargeを払って自分好みのレンジローバーに仕上げていまして、センスの良い素晴らしい仕様となっていました。

作業にあたっては塗装膜厚計で計測を行いながら進めていきますが、塗装膜厚計も万能ではないのでどこまで研磨するかの判断は経験に頼る部分が大きいです。
「New Revolt Adjust System(ニューリボルトアジャストシステム)」で下地処理を行い、オーナー様が気にしていた線傷もきれいに除去しまして、塗装面をコーティングに最適な状態にリセットします
その上に無溶剤の低分子硬化型最上級ガラスコーティング・Newリボルト・プロをコーティングします。

これからは、セオリーに乗っ取ったメンテナンスをして頂けば長い期間この状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして誠にありがとうございました。