カーフィルム

カーフィルムについて

当店で施工させて頂いたカーフィルムの施工例の極一部になりますがこちらに掲載してありますので是非ご覧ください。

プライバシー効果
カーフィルムを施工する事によって車外から車内が見え難くなりプライバシーが守れます。
最近はプライバシーガラスが標準装備されている車が増えてきましたが万人向けに出来ているために色が薄めの傾向があります。この為に思ったほどプライバシー効果が上がらずにプライバシーガラスの上から更にカーフィルムを貼るお客様が増えています。
カーフィルム施工を行う事によって車上荒らしに対する防犯効果、車内での着替え、赤ちゃんへの授乳等に対する利便性がとても良くなります。

飛散防止効果
どんなに気を付けていても100%事故を防ぐ事は出来ません。カーフィルムを施工しておくと事故でガラスが割れた際にもフィルムの粘着効果でガラスの飛散を最小限に食い止めてくれるのでケガの程度を軽減出来ます。特に自分で自分の身を守れないチャイルドシートに乗っているような赤ちゃんには有効だと思います。

ドレスアップ効果
ガラスの色を変える事によってドレスアップ効果が上がります。
カーフィルムなら色の種類や濃さを自分好みに出来ますのでオーナー様のセンスでドレスアップが可能です。
また剥がす事が出来るのもプライバシーガラスには無いカーフィルムのメリットだと思います。

紫外線カット、断熱効果
カーフィルムの断熱効果により冷暖房効率がUpします。またUVカット効果により大切なお肌や車内の紫外線劣化を防ぐ事が出来ます。
詳しくは下段の「光学特性」「構成」をご覧下さい。

カーフィルム施工時間
車種や施工箇所にもよりますが1〜3時間位で終わる物がほとんどです。
遠方からお越しのお客様も休憩スペースが設けてありますので少々お待ち頂ければその間に施工出来ますし、『あみ・プレミアムアウトレット』もオープン致しましたのでショッピングをしている間に施工する事も出来ます。
また、予約状況によっては当日施工も可能な場合がありますのでお気軽にお問合せ下さい。

カーフィルム施工時のハイマウントストップランプ部分の処理について

平成18年1月1日以降に製造(新車登録)された自動車から補助制御灯(ハイマウントストップランプ)が 義務化され、それに伴い検査事務規定が変わりましたが、以前より明確な答えが見つからぬまま、現在に至っております。
そこで改めて自動車検査独立行政法人への確認を致しましたので、ご報告いたします。

自動車検査独立法人の回答
カーフィルム施工済み車に対してのハイマウントストップランプ検査基準平成18年1月1日以降に登録された車に対して判定法は、国土交通省の告示により「国際照明委員会(CIE)の光源Aに対応する色温度2,856Kの光源を用いて行う。・・・(途中省略)~規定された色度範囲に適合し、大幅な逸脱がないものであること。」とあります。この計測方法は非常に厳しいものであり、スモークフィルムなどを貼った場合、車検をクリアできる可能性は少ないであろうということでした。

当店の見解
現時点では車検を受ける検査場、同じ車検場であっても担当した検査官等で多少の違いが有り明確判断は出来ないというのが現実のようです。
したがってカーフィルム施工時にはハイマウントストップランプ部分を切り抜くかどうかはお客様と相談して決めています。

但し、ハイマウントストップランプ部分の切抜きをしないで施工した場合は、車検に通らなくなる可能性もありますので、その点につきましてはお客様にご了承頂いた上での施工となります。

尚、平成18年1月1日以前に新車登楼された車に関しましてはこの限りではありませんので、今まで通りハイマウントストップランプ部分も貼っての施工となりますのでご安心下さい。

光学特性 カーフィルムの種類

品番カラー可視光線透過率紫外線カット率日射反射率日射吸収率日射透過率
BK00-HCブラック1%99%8%45%47%
BK05-HCスモーク5%99%8%43%49%
SM15-HCスモーク13%99%8%41%51%
SM25-HCスモーク25%99%9%32%59%
SM35-HCスモーク32%99%9%29%62%
BR20-HCブラウン19%99%11%36%53%
SLR18-HCミラー18%99%54%32%14%
IRBK00-HC断熱ブラック001%99%6%63%31%
IRBK05-HC断熱スモーク055%99%7%58%35%
IRSM15-HC断熱スモーク1515%99%7%58%35%
IRSM30-HC断熱スモーク3029%99%7%46%47%
クールクリア89(車検対応透明断熱)クリアクール88%99%10%22%68%
CP−ブルーブルー63%98%9%11%80%
CP−グリーングリーン62%98%9%15%76%
CPーイエローイエロー85%98%9%9%82%
CP−オレンジオレンジ65%98%9%10%81%
CP−ピンクピンク62%98%9%12%79%
3mmフロートガラス 90%41%7%8%85%

上記データは「自動車窓ガラス用フィルムJIS 3107」に基づき、3mmフロートガラスに貼り測定した実測値であり、保証値ではありません。

*紫外線カット率の表示は人体に有害な280nm〜380nmを基準値として測定しています。

構成

構成

熱線カットハードコートタイプは「粘着剤層」とハードコート部にダブルで熱線カット剤が入っているのが特徴です。通常はどちらか一方だけとなります。

IR(熱線カット)シリーズ
熱線遮蔽性・透明度・耐久性に優れた熱線遮蔽フィルム
車内の冷房、暖房効率がアップし、省エネルギーにも役立ちます。
クールクリア89(透明断熱)可視光線透過率が80%以上で、車検対応フィルムで透明性に大変優れています。クリアな視界と快適な車内が保たれます。

測定値フィルム無フィルム有温度差
車内日射部分66.655.011.6
車内日陰部分50.145.64.5

クールクリア89(透明断熱)の温度低減効果測定値

クールクリア89(透明断熱フィルム)は車検対応ですが一部車種は車検対応できない事があります。


IRBK00-HC・IRBK05-HC・IRBK15-HC
高透明・高耐候の染色フィルムをベースにクールクリア89(透明断熱)と同様に熱線遮蔽性を付与した、熱線遮蔽フィルムです。

カーフィルム施工料金

車種、施工箇所、カーフィルムの種類等によって料金は変わりますのでお気軽にお問い合せ下さい。
お問い合せいただければその場でお見積もり致します。